2017年02月14日

第57回「安心・安全な居場所」を見つけるためのグループワーク

毛利


昨日、第57回のグループワークがありました。
寒波とちょうど重なり、積雪が気になっておりましたが、
なんとか無事に宇治の直行寺さんにたどり着くことができ、
無事にワークを開催させてもらうことができました。

今回はお一人の参加予定でしたが、
途中でひょっこりもうひと方来て下さり、
スタッフも入れて、四人のワークとなりました。

何度も顔を合わせているメンバーでしたが、
ワークが始まってみると、やはりこの時、この場での話題が出てきて、
またそれに響きあう形でゆるりと過ごさせてもらいました。

こうして自分や相手の思いをゆったりと見つめていく時間をもつというのは、
日々の生活の中ではなかなか難しいなと感じています。
私の場合、たとえ時間ができたとしても、
あれやこれやと他の雑事を探すというようなありさまで、
ゆったりと自分の心と向かう時間というのは、あるようでないなぁと感じています。

だけど、この囲炉裏の場に来ると、
日常生活の中の雑事をちょっと置いておくことができます。
そうすることで、心身ともにゆったりと時間を過ごさせてもらえる。
私にとって囲炉裏の場は、心を休め、また心を見つめられる「場」になってきているように思います。

さて、あなたも囲炉裏の安心安全な「場」を、
共に体感してみませんか。
posted by サークル「囲炉裏」 at 16:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年02月01日

2月になりましたね&寒中お見舞い申し上げます。

事務局 のぞみ

スキャン_20161227_edited.jpg

2月になりましたね。
寒中お見舞い申し上げます。

1月は全国的に大雪でしたので、「囲炉裏」ホームページも、フェルトの雪だるまやレモンティーなど、「あったかさ」を感じていただけるよう改装しました。

そして年末年始にばたばたしていたところ、すっかり新年のご挨拶を申し上げるのが遅れてしまいました・・・!

上の画像は、年賀状に使ったツバメの絵です。
酉年ということで、オスカー・ワイルドの『幸福な王子』からモチーフを拝借しました。
(よーく見ると、くちばしにルビーをくわえています。)

最後に、第57回グループワークのお知らせです。

今回は月曜日の開催となります。
お間違えのないよう、お気を付けください。

あなたもサークル「囲炉裏」の輪に入って「安心・安全な居場所」を見つけませんか?

第57回 「安心・安全な居場所」を見つけるためのグループワーク
日時 : 2月13日(月)13:30〜16:15
場所 : 直行寺(じきぎょうじ)
     〒611−0021
     京都府宇治市宇治2−91
参加費: 500円
⇒「グループワーク」とは

お申し込みは、サークル「囲炉裏」ホームページのメールフォーム(http://circle-irori.jpn.org/page04.html)よりどうぞ。

posted by サークル「囲炉裏」 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年01月22日

第56回「安心・安全な居場所」を見つけるためのグループワーク

事務局  忠夫

 1月21日(土)に、第56回「安心・安全な居場所」を見つけるためのグループワーク (GW) を、直行寺さん(宇治)で開催しました。GW会場から見えるお庭には、梅の花が、チラホラと咲きはじめていました。春が近付いていることを感じます。

 今回のGWは、総勢5名でした。今回は、久しぶりの参加者が2名おられました。それぞれに、近況を語っていただいた後、フリートークとなりました。

 このGWで、はじめて顔を合わせた方同士でも、お互いにこころを許し、語り合うことができる。これを可能にしているのは、サークル「囲炉裏」のGWが回数を重ね、サークル「囲炉裏」のGW自体が成長していることにあるのではないでしょうか。

 サークル「囲炉裏」のGWが始まってから4年以上たちます。サークル「囲炉裏」のGWは、そこにいる人たちだけで行われているとは思えません。1)これまでに参加していただいた数十名の方々、2)素晴らしい環境(直行寺さんの和室、お庭の草木・花・庭石など)のバックアップのもとに、GWが行われているのです。

 GWの現場にいるのが、たとえ5名だけであっても、1)+ 2)のすべてがGWに参加し、親身になって、現場にいる参加者の「言葉」や「沈黙」に寄り添います。そのように考えると、サークル「囲炉裏」のGW自体が、回数を重ねる毎に、成長していることも納得できます。

 「子育ては親育て」と云いますが、スタッフであるファシリテーターは、参加していただいた方々と共に「安心・安全な居場所を見つけるためのGW」によって、育てられているように思います。

 GWでは、参加者とファシリテーターとが交わり、共に変化します。参加者だけでなく、ファシリテーターも変化することによって、はじめて、参加者はサークル「囲炉裏」のGWの中に、自分の居場所を見つけることができるのだと思います。 


 サークル「囲炉裏」の輪に入って、「安心・安全な居場所」を見つけませんか?

posted by サークル「囲炉裏」 at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記