2017年06月28日

第61回「安心・安全な居場所」を見つけるためのグループワーク

事務局 毛利


先月のGWのブログでも書いてありましたが、
今回の第61回目のGWから、
囲炉裏の活動も6年目に突入します。
今思い返すと、本当に不思議な縁の重なりで、
ここまで続けさせてもらっているなぁと感じます。

さて、今回は途中から1名の参加者があり、
スタッフも入れて3名のGWとなりました。

私は今、介護施設で働かせてもらっているのですが、
その現場で出会う利用者(お年寄り)の方々と、
カウンセリング的な心が通じ合うようなやり取りができないかと、
いろいろと模索しています。

そのような中で、今回のGWでは、
実際に介護士として働かせてもらう中であった出来事や、
感じていることなどを話させてもらいながら、
「自分自身ができそうなこと」を改めて見つめ直させてもらえる時間となりました。

その中で特に心に残ったのは、「自分への視点」ということでした。

相手の方の話をどのように聴くか、
またどのように聴かせてもらうことができるのか、
その時、相手はどのように感じておられるのか、
などなど、いろいろと思いを巡らせていました。

そんな中、GWのやり取りの中で、
相手の話を聴いて、
その時に自分自身がどのように感じているか、
あるいは自分自身がどのように変化しているのか、
そこを大事にして聴いている、
というような内容のことを聞き、「はっ」とするような思いがしました。

相手の話を聴かせてもらう、というのはもちろん大切ですが、
「相手と心を通わせる」ということは、極めて難しいことです。
ましてや介護の仕事をしながら、そこまで時間と気力を一人の方に配ることは、
残念ですが現実的ではないなと感じていました。

だけどそうではなく、
「相手とのやり取りを通した自分自身の心を感じる」、
というのでしたら、できそうだなと思いました。
たとえその場ですぐにできなくとも、
仕事が終わってから、落ち着いて心を振り返ってみることで、
何か感じるものがあるのではないかと思いました。

また一ヶ月、自分なりに試してみながら、
次回のGWに臨めればいいなと思います。


少し長めの文章になりましたが、
以上が私の今回のGWでの感想です。

よろしかったらあなたも、サークル囲炉裏の輪に入ってみませんか?
posted by サークル「囲炉裏」 at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記