2017年04月12日

第59回「安心・安全な居場所」を見つけるためのグループワーク

事務局 毛利


先日、第59回のグループワークがありました。
よく数字を見ると、もう59回。
次で60回目になるんですね。
これまでのんびりと続けさせてもらい、
様々な方々と紡いできた囲炉裏の「場」があることを、
改めて感慨深く思いました。

さて、今回のワークも前回と同じく、スタッフのみの3人のワークとなりました。
いろいろとそれぞれ話をした後、
かなり長めの沈黙の時間がありました。
その沈黙の中で、私は今、心に留めてあることについて、
思いを巡らせていました。

私は今、老人ホームに勤めさせてもらっています。
利用者の中には、歩いたり、おしゃべりをしたりすることができる方もおられますが、
寝たきりだったり、話すことができない方もおられます。
そうした方々の生活のお手伝いをさせていただく中で、
「人が生きるっていうのは、どういうことなんだろう?」
「今、この方々に自分ができること、すべきことはなんなんだろう?」
という思いがわいてくることがありました。

しかしながら、勤めさせてもらっている以上、
仕事は次から次へと色々あって、
なかなかその思いと向き合うことなく、
日々の時間は過ぎていくなぁと感じています。

だけれども、今回のワークの沈黙の時間の中では、
そのことについて、ゆったりと自分の中で向き合うことができたように思います。

日常のあれやこれやから、ちょっと離れた静かな時間。
そんな時間って、取れるようで取れない、大切な時間のように思います。

少し立ち止まって、今の自分自身を見つめる。
あるいは、今の自分自身に問いかけてみる。
私にとって今回のワークは、そんな静かな時間をいただけた「場」でした。

次回はいよいよ第60回目です。
あなたもサークル「囲炉裏」の輪に入って、「安心・安全な居場所」を見つけませんか?
posted by サークル「囲炉裏」 at 14:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179407449
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック