2017年05月28日

第60回「安心・安全な居場所」を見つけるためのグループワーク

事務局  忠夫

 5月16日(火)に第60回「安心・安全な居場所」を見つけるためのグループワーク(GW)を開催しました。 サークル「囲炉裏」発足5年目最後のGWでした。次回から、サークル「囲炉裏」の活動は6年目に入ります。今回のGW(スタッフ2人だけ)では、5年間のサークル「囲炉裏」活動を振り返りながら、それぞれに、いま行っている活動(サークル「囲炉裏」以外の)や心境について語り合いました。

 私は、4年前から、介護老人保健施設(京都)で、ささやかな傾聴ボランティア活動をしています。介護老人保健施設で、お目にかかる方々は、ほとんど、私(76歳)より年長です。そこには、肉体的・精神的な変化が不可逆的で、状況の改善を望めない方々もおられます。そのような場合、傾聴ボランティア活動は何を目的にすればよいのでしょうか?

 数年後に、私も介護老人となるでしょう。傾聴ボランティア活動のお世話になっているかも知れません。「自分が介護老人になったとき、どんな傾聴ボランティア活動に巡り会いたいか」ということから傾聴ボランティア活動を考えてみたいと思います。

 私は、傾聴ボランティア活動を「お年寄りの感じておられること・考えておられることを聴かせていただくことによってお年寄りの気持ちを理解する。その上で、お年寄りと対話する」活動であると考えています。このように考えることで、ケアの対象としてではなく、ひとりの人間としてお年寄りに寄り添う傾聴ボランティア活動が可能になるように思うのです。

 私には、まだ、わずかな経験しかありませんが、傾聴ボランティア活動では、傾聴ボランティア側にいくつかの心がけるべき事柄があるように思います。それを、3項目にまとめてみました。
 A:お年寄りを、人生の先輩・教師として尊敬する。お年寄りに対する敬意を言葉だけでなく行動でも示す。
 B:お年寄りのことばを、そのまま、信じる。お年寄りの話を、肩の力を抜いて“ユッタリ”と聴く(心身の“ユッタリ”状態が、お年寄りの気持ちを理解するのに大切だと感じています)。
 C:お年寄りとの対話では、お年寄りの話す世界から外に出ない。肩の力を抜いて“ユッタリ”と対話する。

 サークル「囲炉裏」GWの輪の中で、参加者の皆さんや他のスタッフと交わる。また、傾聴ボランティア活動をとおして、お年寄り(私も、充分に、年寄りですけれど)と交わる。そのような交わりをとおして、私がどのように変化していくのか、その変化を楽しむ。そして、交わりをとおして、私に起こった変化を、皆さん(GW参加者・スタッフ・介護老人)にお返しする。そんなことを夢想しています(いまは、夢のまた夢ですが)。

 サークル「囲炉裏」の輪に入って、「安心・安全な居場所」を見つけませんか?
posted by サークル「囲炉裏」 at 16:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179881224
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック