2017年01月22日

第56回「安心・安全な居場所」を見つけるためのグループワーク

事務局  忠夫

 1月21日(土)に、第56回「安心・安全な居場所」を見つけるためのグループワーク (GW) を、直行寺さん(宇治)で開催しました。GW会場から見えるお庭には、梅の花が、チラホラと咲きはじめていました。春が近付いていることを感じます。

 今回のGWは、総勢5名でした。今回は、久しぶりの参加者が2名おられました。それぞれに、近況を語っていただいた後、フリートークとなりました。

 このGWで、はじめて顔を合わせた方同士でも、お互いにこころを許し、語り合うことができる。これを可能にしているのは、サークル「囲炉裏」のGWが回数を重ね、サークル「囲炉裏」のGW自体が成長していることにあるのではないでしょうか。

 サークル「囲炉裏」のGWが始まってから4年以上たちます。サークル「囲炉裏」のGWは、そこにいる人たちだけで行われているとは思えません。1)これまでに参加していただいた数十名の方々、2)素晴らしい環境(直行寺さんの和室、お庭の草木・花・庭石など)のバックアップのもとに、GWが行われているのです。

 GWの現場にいるのが、たとえ5名だけであっても、1)+ 2)のすべてがGWに参加し、親身になって、現場にいる参加者の「言葉」や「沈黙」に寄り添います。そのように考えると、サークル「囲炉裏」のGW自体が、回数を重ねる毎に、成長していることも納得できます。

 「子育ては親育て」と云いますが、スタッフであるファシリテーターは、参加していただいた方々と共に「安心・安全な居場所を見つけるためのGW」によって、育てられているように思います。

 GWでは、参加者とファシリテーターとが交わり、共に変化します。参加者だけでなく、ファシリテーターも変化することによって、はじめて、参加者はサークル「囲炉裏」のGWの中に、自分の居場所を見つけることができるのだと思います。 


 サークル「囲炉裏」の輪に入って、「安心・安全な居場所」を見つけませんか?

posted by サークル「囲炉裏」 at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

雑記 直行寺さんの庭だより 其のニ

事務局 毛利


先日、囲炉裏のグループワークがありました。
風が冷たくて寒い日でしたが、
直行寺さんのお部屋に入ると、暖房が入っていてほっこり。
そして窓からは、綺麗な日差しが差し込んできていました。

そこで、ひょっこりお庭を覗いてみると、

IMG_1049.JPG

左の方に、小さなピンク色の花が咲いているの、わかりますか?

IMG_1045.JPG

近くで見ると、こんな感じです。

IMG_1043.JPG
IMG_1044.JPG

かわいい椿が、ちょうど咲かけていました。
また、反対側の方を見てみると、

IMG_1051.JPG

シャクナゲの後ろの方に、白くポツポツ咲いているの、見えますか?

IMG_1046.JPG

もう梅が咲き始めていました。
まだ一月ですが、早くも春の兆しを感じさせてくれた、直行寺さんのお庭でした。

また、今回のグループワークについてのブログも、
後日アップされると思いますのでお楽しみに。

posted by サークル「囲炉裏」 at 19:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年12月13日

第55回「安心・安全な居場所」を見つけるためのグループワーク

事務局 毛利


昨日は第55回目のグループワークがありました。
朝はかなり冷えましたが、お昼ごろにはポカポカと温かな日差しのおかげで、とても過ごしやすい気候だったように思います。
そのような中、2名の方のご参加があり、スタッフも入れて4名でのワークとなりました。

今回は久々にひょっこりと参加してくださった方がありました。
その方の思いをゆっくりと聴かせてもらいながら、
囲炉裏の「場」があってよかったなぁと、しみじみ感じました。

少なくとも囲炉裏の場がその方にとって、「自分の思いを話しても大丈夫な場」と感じていただけている。
そして、自分の思いをゆっくりと感じ、語っていく中で、
自分自身の心の整理ができたり、まだ気づいていなかった気持ちに出会っていかれる。

そうなると、多くの場合、心の緊張がほぐれ、
表情やしぐさも、とっても軽やかになっていかれます。
それはなんだか、その人がその人本来の姿に戻っていくような感じもします。

そんな不思議で温かな人の心の営みに、そっと寄り添わせてもらうえること。
これが、囲炉裏の場を続けさせてもらっている醍醐味だなぁと感じます。

焦らず、ゆったりと、マイペースに、
これからもこの「場」を、続けさせてもらえたらいいなぁと思いました。

あなたも、サークル「囲炉裏」の輪に入って、「安心・安全な居場所」を見つけませんか?
posted by サークル「囲炉裏」 at 11:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記